海外でもデビットカードでお金をおろす方法は

海外旅行の際に現地通貨をどのような方法で用意しているでしょうか。普通の方法は日本出発時に空港にある銀行窓口で日本円から外貨に両替していく方法です。この方法は最もポピュラーですし、日本円さえあればよく、カードなどは不要で、誰でもできるというのがメリットですが、両替手数料が高いのが大きなデメリットです。おそらく、ドルやユーロのようなメジャーな通貨でも、往復を考えれば1割程度も引かれることも珍しくありません。
この高い両替手数料を回避する方法が、クレジットカードを利用した海外キャッシングです。クレジットカードを利用して海外のATMでお金をおろす方法で、両替手数料は安くおさえられているというメリットがあります。ところが、この方法にもデメリットがあります。
一つは限度額の問題です。クレジットカードのキャッシング枠は一般的にさほど高くありません。もう一つは金利負担です。キャッシングとはつまりお金を借りることですから、金利がかかってくるのです。
ということで、大きくない限度額も、高い両替手数料も、金利負担も何とかしたいという場合に考えたいのがデビットカードでお金をおろす方法です。デビットカードおすすめでお金をおろす方法は、自分の銀行口座から直接お金をおろすことですから、キャッシングつまりお金を借りているわけではありません。従って当然ながら金利負担もないわけです。使い方も簡単で、ATMを利用してデビットカードでお金をおろすことができます。